オーダースーツの注意事項 プリーツ入りパンツについて

知識・ノウハウ / 2018/12/01

ファッションの流れがクラシックに向かう中、このところ、プリーツ入りのパンツが増えています。 オーダースーツを作る際、パンツはプリーツ入りという方も多いのではないでしょうか? 今日は、プリーツ入りのパンツについてお話させて頂きます。

オーダースーツの注意事項 プリーツ入りパンツについて

パンツのプリーツが開かないように注意

街を歩いていると、パンツのプリーツが開いてしまっているスーツを着ている人を見かけますが、 カジュアルパンツならまだしも、スーツでそれはスマートな着こなしではありません。 パンツのプリーツというのは、ウエストを絞りヒップを膨らませる為のダーツではなく、 スカートのヒダのような意匠的な存在なので、着崩れしないようにキレイに収まっていなければなりません。 プリーツが開かないようにするには、下腹部・ヒップの辺りでプリーツ分量を加えなければなりません。 簡単に言うと、プリーツのたたみ分量分、ヒップ上がりを大きくするという事になります。 そうなると、渡り(太腿)の寸法も太くなるのが自然です。

プリーツ入りパンツは渡りにゆとりが必要です

オーダースーツを仕立てる際、スリムなプリーツ入りパンツを好む方もいらっしゃるかもしれませんが、 前述しましたように、プリーツを入れるということは渡りが太くなるという事なので、 そもそもパンツを細くしたいという目的からは逸れます。 ですので、プリーツ入りパンツの場合は、渡りに適度なゆとりを持たせ、 スリムシルエットを好まれるのなら、プリーツを入れない方が良いと思います。

プリーツ入りパンツの種類

プリーツの入れ方には、外向きと内向きがあります。 外向きのプリーツが全盛ではありますが、最近では内向きのプリーツのパンツも見掛けるようになりました。 これは、デザイン的にどちらが好みかで選んでも構いませんが、 あえて言うなら、恰幅の良い人は内向きのプリーツも悪くないと思います。

オーダースーツの注意事項 プリーツ入りパンツ まとめ

プリーツが開かないように注意を
プリーツ入りパンツは渡りに適度なゆとりを
プリーツ入りパンツはスリムシルエットには不向き
恰幅の良い人には内向きプリーツもお薦め

オーダースーツの注意事項 他のコラムはこちら

オーダースーツの着こなし方 ベストについて
オーダースーツの品質の見分け方 襟の良し悪しについて
オーダースーツの注意事項 仮縫いについて
オーダースーツの注意事項 ダブルのベスト付きスーツ
オーダースーツの注意事項 スリーピースの正しい着方
小川

お客様のお話をじっくりお伺いさせていただき、ご要望にお応えできるように努めております。オーダーメイドの製作のみならず、スタイリングやコーディネートのお手伝いをさせて頂くことで、お一人お一人の魅力引き立つファッションをお楽しみいただくことが一番の喜びです。是非、お気軽にご相談、お問い合わせください。

Shop info

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
Open / 11:00~19:00
定休日 / 月曜日・火曜日
※予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様を優先させて頂いております。
 まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
TEL / 052-265-7002
メールでのご予約・ご相談