パターンオーダースーツとは

知識・ノウハウ / 2018/12/07

パターンオーダーのスーツについてお話させて頂きます。 ここ数年でパターンオーダースーツを取り扱うお店が急激に増え情報が交錯しています。 見当違いの情報も散見され、高級なパターンオーダースーツも低価格のオーダースーツも一緒くたにされ、 様々な誤解や疑念を生んでいます。 当店で展開するパターンオーダーをご説明することで、正しい情報をお伝えさせて頂きます。

高級なパターンオーダースーツとは

基本的にはビスポークとやることは変わりません

高級なパターンオーダーはマシン縫製の部分が多いこと、補正の限界値があること以外、 基本的にはビスポークとやることはあまり変わりません。 高級なパターンオーダーの場合、職人の手が入る工程が多く、 中間プレスを何度も行って立体的なスーツを作り上げています。 フルオーダーではない為、ベース型紙から補正を入れるので補正限界値があるのは仕方がありませんが、 補正の範囲や限界値が圧倒的に広く、細部まで体に合わせることが出来ます。 ですから、仮縫いを入れると、よりビスポークに近い感覚の服作りが出来ます。

高級なパターンオーダースーツはフィッターの知識・技術が重要です

価格に関係なくオーダースーツにおいては、フィッターの知識・技術が仕上がりに多大なる影響を与えます。 特にビスポークに近い服作りが出来る高級なパターンオーダーの場合、 ファクトリーの優秀な技術力を活かすも殺すもフィッター次第といっても過言ではありません。 高級なパターンオーダースーツは補正範囲が広く触れる範囲が広いので専門知識が必要になります。 これは、スーツの型紙を理解していなければ、的確なフィッテイングや補正は出来ないことを意味します。

高級なパターンオーダースーツは丈寸法を詰めて終わりではありません

例えば、袖丈を短くするとしましょう。 オーダースーツですから、その人に合った袖丈の長さにするのは当然ですが、 高級なパターンオーダースーツの場合、袖丈を詰めて終わりではなく付随して袖幅も調整しています。 一方で低価格なパターンオーダースーツは、ただ短くするだけです。

高級なパターンオーダースーツは見えないところも違います

スーツを立体的に仕上げる為には芯地はとても大切です。 高級なパターンオーダースーツの場合、副資材には高級な毛芯を使用して着用による型崩れを防いでいます。 更に近年では、副資材を極力省きつつ、立体的なスーツを作り上げる高い技術力も備えています。 一方で接着芯や安い毛芯を使ったスーツは、1~2回クリーニングに出すと型崩れしてしまいます。

パターンオーダースーツの価格について

よく「パターンオーダー=安い」と思われがちですが、 高級パターンオーダーの場合、ビスポークに近い感覚の服作りが出来るけど、ビスポークよりはリーズナブル。 これが正しい解釈だと思います。 確かに低価格なパターンオーダースーツも世の中にはたくさんありますが、 そういったものは、袖を詰めるにもただ切るだけで袖幅まで調整は出来ませんし、 補正の自由度もなく、プレスも最低限。そして芯地も接着や安価な毛芯です。 そして、フィッターの知識や技術も問われません。 高級なパターンオーダースーツは、ビスポークに近い服作りができ、 低価格なパターンオーダースーツとは似て非なるモノであるということをお見知りおき頂けたら幸いです。

オーダースーツの種類 他のコラムはこちら

オーダースーツの種類
小川

お客様のお話をじっくりお伺いさせていただき、ご要望にお応えできるように努めております。オーダーメイドの製作のみならず、スタイリングやコーディネートのお手伝いをさせて頂くことで、お一人お一人の魅力引き立つファッションをお楽しみいただくことが一番の喜びです。是非、お気軽にご相談、お問い合わせください。

Shop info

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
Open / 11:00~19:00
定休日 / 月曜日・火曜日
※予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様を優先させて頂いております。
 まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
TEL / 052-265-7002
メールでのご予約・ご相談