フォーマルウェアの種類と用途 vol.1 正式礼装

着こなし / 2019/08/08

突然ですが、フォーマルウェアって分かり難いと思いませんか? 色々細かいルールがあって、何時、何を着れば良いのかイマイチ分からない・・・ そう言ったご質問を頂く機会が多いので、今回はフォーマルウェアについてお話したいと思います。 礼装は昼間に着るものと夜間に着るものがあり、更に正式礼装と略式礼装に分かれています。 一度にお話すると長くなってしまいますので、2回に分けてお話させて頂きます。 先ず今回は、正式礼装(フォーマルウェア)についてです。

正式礼装(フォーマルウェア)

燕尾服

夜間(午後6時以降)の正式礼装として、公式のレセプション、観劇、結婚披露宴などに着用し、 また、格式の高い結婚式及び披露宴では新郎が着用します。 夜間の儀式や正式なパーティなどに着用される燕尾服ですが、 近年はよほど格式のあるパーティや晩餐会でない限りタキシードを着用する場合が殆どです。 ドレスコードに「ホワイトタイ」と書かれている場合は燕尾服着用のことで、 葬儀の場合でも白の蝶タイ、白手袋を用います。

●ジャケット ・色は黒または濃紺、襟はピークドラペルorショールカラーで拝絹付き ●パンツ ・ジャケットと共地で脇に2本の側章付きで裾はシングル ●ベスト ・白地で襟開きの大きいシングルorダブル ●シャツ ・白地のイカ胸で襟はウイングカラー、スタッド仕様のイブニングシャツを着用 ●タイ ・白の蝶タイ ●靴 ・黒のエナメルでプレーントゥorパンプス ●アクセサリー ・手袋は白、ソックスは黒、チーフは麻の白無地

モーニングコート

昼間の正式礼装で、儀式や結婚式、告別式の喪服などに着るもので、 結婚式や披露宴では新郎や主賓、新郎新婦の父親が着用、葬儀・告別式では、喪主や近親者が着用します。 近年では服装の簡略化から、結婚披露宴での新郎、媒酌人、年配の主賓ぐらいまでが着用する程度です。 また、従来ならモーニングコートを着用すべき場面でも、ブラックスーツで代用することも増えています。

●ジャケット ・色は黒、襟はピークドラペル、フロントは1つボタン ●パンツ ・グレー×黒のストライプ地を用い、裾はシングル ●ベスト ・ジャケットと共地か、夏なら白のピケ、冬ならグレーのフランネル ●シャツ ・白地のひだ胸かノーマルタイプ、襟はウイングカラーorレギュラーカラー ●タイ ・白黒ストライプorシルバーグレー(葬儀は黒かグレー)の結び下げ ●靴 ・黒の表革のストレートチップorプレーントゥ ●アクセサリー ・手袋は白(葬儀は黒)、ソックスは黒無地、チーフは白無地の麻orシルク

フォーマルウェアの種類と用途について他のコラムはこちら

フォーマルウェアの種類と用途について vol.2 略式礼装

Shop info

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
Open / 11:00~19:00
定休日 / 月曜日・火曜日
※予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様を優先させて頂いております。
 まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
TEL / 052-265-7002
メールでのご予約・ご相談