【メンズファッション 着こなし術】スカーフ使いはこれが正解!

着こなし / 2021/04/30

以前の動画でスカーフ使いで差が出るクールビズの着こなしについてお話ししました。 今回はスカーフを使う際の疑問点についてお話しします。 先日、お客様からこんな質問がありました。 「スカーフした時って、ポケットチーフするの?」 これって、案外、迷いませんか? 今回は、この事について僕なりの考えをお話しします。 結論からお伝えすると、スカーフをした時、ポケットチーフは不要です。 その理由は2つあります。 以前の動画は下記をご覧になってください。

スカーフ使いで差が出る!クールビズの着こなし

スカーフをした時にポケットチーフが不要な理由

①スカーフとチーフは用途が違う

ポケットチーフはフォーマルスタイルには欠かせないアイテムで、 いわば、礼装には欠かせないフォーマルアイテムのひとつです。 一方のスカーフは、ノータイの首元を華やかにするアイテムで、 タイドアップよりも、リラックスした装いに用いるアイテムです。 チーフはフォーマルな装いの仕上げ、スカーフはリラックスした装いの仕上げ、 こう考えると、この2つを同時に使うことって、かなり矛盾しているような気がするんです。 ジャケットインにTシャツを着てリラックスしているのに、チーフは指しませんよね? これと同じことだと思います。

②スカーフはチーフとしても使える

これはもう、言葉の通りなんですが、スカーフはチーフとして使うことができるので、 チーフは不要ということです。 スカーフって、結構、大判で正方形の物が多いんですけど、 面積が小さいトライアングルスカーフの場合、胸ポケットに入れても膨らみすぎることがないので、 チーフとして代用することができます。 スカーフは華やかな柄が多いので、ノータイでも胸元にアクセントが作れますし、 バッグの中にネクタイを入れておけば、タイドアップにも対応できます。 以上のような理由から、僕は個人的にはスカーフをした場合、ポケットチーフは不要だとお話ししています。

Bespoke Jacket(オーダージャケット)スタイリング 動画内で着用しているジャケットの詳細

■小川着用ジャケット■
Bespoke Jacket(オーダージャケット) : fabric by Caccioppoli(カチョッポリ)
Bespoke Trousers (オーダーパンツ) : fabric by LARUSMIANI (ラルスミアーニ)
Polo : FEDELI (フェデッリ)
Scarf : Kinloch (キンロック)
■トルソー着用スーツ■
Bespoke Suit(オーダースーツ) : fabric by DRAPERS(ドラッパーズ)
Shirt : LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)
Scarf : Kinloch (キンロック)

スカーフ関連のその他の動画はこちら

スーツ・ジャケットの着こなしが劇的に変わるスカーフ使い オシャレ上級者に見えるトライングルスカーフの巻き方

Bespoke Suit(オーダースーツ)  他のオーダー実績はこちら

Bespoke Suit(オーダースーツ)
Bespoke Jacket(オーダージャケット)
Bespoke Coat(オーダーコート)
Bespoke Shirt(オーダーシャツ)
Bespoke Shoes(オーダーシューズ)
小川

お客様のお話をじっくりお伺いさせていただき、ご要望にお応えできるように努めております。オーダーメイドの製作のみならず、スタイリングやコーディネートのお手伝いをさせて頂くことで、お一人お一人の魅力引き立つファッションをお楽しみいただくことが一番の喜びです。是非、お気軽にご相談、お問い合わせください。