オーダースーツの着こなし ストライプスーツの基本

着こなし / 2018/12/12

オーダースーツの着こなしについてお話させて頂きます。 誰もが持っているストライプスーツですが、 定番ゆえ、コーディネート次第では変化に乏しい印象に陥る危険性もあります。 定番柄の安心感を活かしつつ、新しさを吹き込む着こなしのコツをご紹介させて頂きます。 写真のオーダースーツは、DRAPERS (ドラッパーズ) のWINTER BLAZONで仕立てたダブルのスーツで、 控えめなワイドストライプのとても上品なスーツ生地です。 このスーツを躍動感あるコーディネートにする方法をお伝えします。

ストライプスーツの着こなし

スーツとシャツの柄合わせについて

写真のオーダースーツの場合、スーツは控えめなワイドストライプなので、 シャツはスーツよりも幅の狭いストライプを選びます。 スーツの柄が繊細な分、強い柄のシャツで柄に緩急をつけるとVゾーンに動きが生まれます。 無地シャツを合わせても良いですが、柄と柄を組み合わせると、より新鮮なスタイルを楽しむことが出来ます。

スーツ・シャツ・ネクタイの組み合わせについて

スーツより幅の狭いストライプシャツを合わせてVゾーンに奥行きが生まれたので、 今度は大柄のネクタイで前に出るようなポイントを作ります。 こういった視覚的効果を利用することで、立体的で躍動感のあるVゾーンが作り出せます。

スーツ・シャツ・ネクタイの色使いについて

スーツのグレーをシャツの柄色で拾い、シャツの柄色のベージュをタイで拾って色の繋がりを作っています。 ネイビーベースのタイで全体を引き締めると知的でクールな印象になります。 去年からのトレンドで同色系で纏めるワントーンスタイルが主流ではありますが、 個人的には、グレーの場合ならコーディネートにベージュ系を差すスタイルが新鮮に映ります。

オーダースーツの着こなし ストライプスーツの基本 まとめ

オーダースーツとシャツの柄は大小で緩急をつける
オーダースーツとシャツの柄は大小で緩急をつけたらネクタイで動きをつける
オーダースーツとシャツ、ネクタイで色の繋がりを待たせる

オーダースーツの着こなし 他のコラムはこちら

オーダースーツの着こなし コーディネートの基本
小川

お客様のお話をじっくりお伺いさせていただき、ご要望にお応えできるように努めております。オーダーメイドの製作のみならず、スタイリングやコーディネートのお手伝いをさせて頂くことで、お一人お一人の魅力引き立つファッションをお楽しみいただくことが一番の喜びです。是非、お気軽にご相談、お問い合わせください。

Shop info

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
Open / 11:00~19:00
定休日 / 月曜日・火曜日
※予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様を優先させて頂いております。
 まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
TEL / 052-265-7002
メールでのご予約・ご相談