大人の黒ジャケットの選び方

着こなし / 2020/02/15


コンサバなクラシコの世界にこれまでなかった黒の波が押し寄せている今、 今までクラシックなファッションにはタブー視されてきた黒ジャケットが、 逆に今を体現するアイテムとして注目されるようになっています。 2019秋冬から続く黒ジャケットの流れですが、春夏においては重い印象にならないよう、 軽快にアレンジする必要があると思います。 黒が持つシャープさと凛々しさを活かしつつ、くつろいだマインドの黒ジャケット選びのポイントは? 今日は、2020春夏に相応しい大人の黒ジャケットの選び方を粋-iki-の目線からお話しさせて頂きます。

黒ジャケットをくつろいで着たい!

この春の黒ジャケット選びのポイント

軽い仕立て

これは黒ジャケットに限ったっことではないですが、 くつろぎ感のある大人のジャケットには軽快感が必須です。 ボタンを外すと前身頃の打ち合いがふんわりロールするほど軽く柔らかく仕立てたこちらの黒ジャケットは、 お客様のリクエストで芯地を極限まで薄くしてお作りしました。 黒ジャケットをフォーマルっぽく見せず、寛ぎ感を演出するには軽い仕立てが基本です。

ワイドラペル

柔らかな仕立てのワイドラペルジャケットは、ふんわりソフトな襟のロールが強調され、 見るからに優雅でリラックスした印象です。 また太めのラペルはクラシックさが強調されるので、モードになりがちな黒ジャケットを 本来のフィールドであるクラシコに戻してくれる効果もあります。 大人が優雅に羽織る黒ジャケットはワイドラペルと好相性です。

ミディアムフィット

タイトフィットの黒ジャケットは頑張ってる感が強すぎて、大人が着る黒ジャケットとしてはどうかと・・・ 大人の黒ジャケットは寛ぎ感がポイントなので、自然なゆとりのミディアムフィットがお薦めです。 大人の黒ジャケットスタイルの軸足はモードではなく、あくまでもクラシコに置いて、 優雅で落ち着きのあるスタイルを心掛けたいものです。

オーダーならではの艶のあるドライタッチの生地を選ぶ

ジャケット単品使いを考えるとツルツルな表面感の生地はフォーマル感が強すぎるので避けるべきで、 ホップサックなど粗くザックリ織られたドライタッチの生地がお薦めです。 中でもジャケットをオーダーで作る場合、特に推奨したいのがシルク混紡などの艶のある生地です。 上質なウールにシルクを混紡したラグジュアリーな素材の黒ジャケットは、 既製品で無いとまでは言いませんが、圧倒的に少ないことは間違いありません。 オーダーだからこそ選べるラグジュアリーな素材感のドライタッチの生地は、 優雅な大人の黒ジャケットスタイルに大きなアドバンテージを与えてくれます。

Bespoke Jacket(オーダージャケット) スタイリング詳細

Bespoke Jacket(オーダージャケット) : fabric by DRAPERS(ドラッパーズ) ウール70% シルク30% 270g
小川

お客様のお話をじっくりお伺いさせていただき、ご要望にお応えできるように努めております。オーダーメイドの製作のみならず、スタイリングやコーディネートのお手伝いをさせて頂くことで、お一人お一人の魅力引き立つファッションをお楽しみいただくことが一番の喜びです。是非、お気軽にご相談、お問い合わせください。