JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ    SEMI BROGUE(セミブローグ) ボックスカーフ ブラック

実績2019/01/24

JOE WORKS(ジョーワークス)のオーダーシューズ、ブラックのセミブローグをご紹介させて頂きます。

木型は、JOE WORKS(ジョーワークス)のドレス用ラスト JOE-0 を使用し、

ワインハイマーのブラックのボックスカーフでオーダーを頂きました。

お客様の足型に合わせ、甲と幅の調整の他、履き口がキレイに足に沿うように調整させて頂きました。

何度かお召し頂きインソールが沈み込んでくると、より一層、足にフィットしてくると思います。

JOE WORKS(ジョーワークス)で初めてのご注文でしたが、長く履いて頂ける一足になれば嬉しいです!

有難うございます!
 
 

最旬の英国調オーダースーツにマストな靴

JOE WORKS(ジョーワークス)の英国調セミブローグ

英国調のディテールやファブリックを採り入れたオーダースーツが旬ですが、

そんなオーダースーツに合わせる靴として、フルブローグやセミブローグが好相性です。

ピンキング(ギザ飾り)が施された正統な佇まいが、クラシック回帰の流れを受けて再注目されていて、

オーダースーツを作りなれているファッションに敏感な方を中心に支持されています。
 
 

流麗なシルエットのJOEWORKS(ジョーワークス)不滅の木型

黒靴に備わる艶を引き出す

JOE WORKS(ジョーワークス)のオーダーシューズに用いられるドレス用ラストは、

惚れ惚れするようなモダンなさじ加減が魅力で、それはこのセミブローグにも活かされています。

JOE WORKS(ジョーワークス)のオーダーシューズの特徴でもあるサイドをしっかり立ち上げたシルエットは

実に艶っぽく、旬のクラシックなオーダースーツも重すぎない印象に纏めてくれます。
 
 

フルブローグの靴とセミブローグの靴

フォーマル度が高いのはどっち?

ブローグ(穴飾り)は、湿地帯を歩く際の水はけをよくするために生まれた

カントリーシューズ発祥の意匠と言われています。

ブローグにはフルブローグとセミブローグがありますが、どちらがフォーマル度が高いかご存知でしょうか?

フォーマル度が高いのは、セミブローグの靴とされています。

そういった意味でも、ブラックのセミブローグの靴はビジネスに最適でシーンを問わず活躍します。
 
 

JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ 
SEMI BROGUE(セミブローグ) ディテール詳細

MODEL     SEMI BROGUE
LAST       JOE-0
アッパー素材  WEIN HEIMER LEDER BOX CALF / BLACK
ライニングカラー BLACK
コバ色      BLACK
底材       革底・BLACK

スペシャルリクエスト
・トゥのコバを丸く削る
・内外 丸コバに

 
 

JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ 
他のオーダー実績はこちら

JOEWORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ Lazy man(レイジーマン) ホーウィン製 ハッチグレイン ミディアムブラウン
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ イミテーションフルブローグ ホーウィン製 ハッチグレイン バーガンディ
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ タッセルローファー アリゾナ イタリアンショルダー ダークブラウン
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ フルブローグ ワインハイマー ボックスカーフ ブラック
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ セミブローグ コードバン ネイビー
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ ダブルモンク アノネイ製ボカルーカーフ ダークブラウン
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ vol.1
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ サイドエラスティック ブラック
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ セミブローグ ワイン
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ アデレード コードバン ネイビー
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ パンチドキャップトゥ ブラック
JOE WORKS(ジョーワークス) オーダーシューズ イミテーションフルブローグ ワイン