スーツ・ジャケットの収納方法

メンテナンス / 2019/08/30

夏も終盤を迎えたこの頃、秋への準備でしょうか長雨の季節となりました。 高い温度や湿度がスーツやジャケットなどの衣類にカビや虫食いを発生させ、 特にシルクなどの高級素材は被害にあいやすい傾向にあります。 大切なスーツやジャケットなどの衣類が被害にあわないようにするために、 今日は衣類の収納方法についてお話しさせて頂きます。

スーツ・ジャケットなど衣類の収納方法

大切なスーツやジャケットを守る収納方法

大切なスーツやジャケットなどの衣類を守るには収納方法にコツがあり、 汚れや埃などを落としてキレイにしてから収納するのは勿論ですが、詰め込みすぎないことが重要です。 クローゼットにぎゅうぎゅうに詰め込むと通気性が悪くなるので湿気がこもりやすくなりますので、 クローゼットの容量の八分目ぐらいを目安に収納するのがお薦めです。 そうすれば通気性も確保されるばかりでなく、衣類の型崩れも防止できます。

スーツやジャケットの素材に適した収納場所

スーツやジャケットのクローゼット内での収納場所も大切で、 湿気は下にこもるので素材によって収納場所を変えるのがポイントです。 湿気に弱いウールやシルクやカシミヤは上段に、比較的湿気に強い綿や麻などは下段に、 といった具合にそれぞれ適した保管場所というのがあります。 上段・下段に分かれているクローゼットの場合は保管場所を変えることができますが、 一段のクローゼットを使用している人も多いと思います。 その場合は除湿剤の使用が有効ですので是非試してみてください。 勿論、上下段に分かれているクローゼットでも除湿剤は有効です。

スーツ・ジャケットなど衣類の収納方法 まとめ

汚れ・埃などはキレイに落としてから収納する
クローゼットに詰め込みすぎると通気性が悪くなるので八分目を目安に
湿気は下にこもるので、スーツやジャケットなどは素材ごとに収納場所を変える
湿気に弱いウールやシルクやカシミヤは上段に、比較的湿気に強い綿や麻などは下段に
一段のクローゼットを使用している人は除湿剤の使用が有効(上下段に分かれているクローゼットでも有効)

オーダースーツなど、ケアに関する他のコラムはこちら

メルトン素材のオーダーコートの取り扱いについて
上質な生地で仕立てたオーダースーツの取り扱いについて
デニムのメンテナンスについて
スーツ、ジャケットなどのクリーニング シミ抜きについて
汗の季節の衣類ケア スーツ・ジャケット
レザーウェアのお手入れについて
スーツ・ジャケットなど、衣類のクリーニングについて
ドレスシャツのクリーニングについて
オーダースーツの最適な保管方法について
オーダースーツを守る、クリーニングの名店を教えます!
革靴の保管のお話

Shop info

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
Open / 11:00~19:00
定休日 / 月曜日・火曜日
※予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様を優先させて頂いております。
 まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
TEL / 052-265-7002
メールでのご予約・ご相談