ビジネスにお薦めのソラーロ オーダースーツ

オーダースーツ / 2022/02/12

20210411_caccioppoli_soralo_suit_01.jpg
ビジネスでお召し頂きやすく、クローゼットに掛かっているとつい手が伸びてしまうような使いやすさがある。でも普通すぎてはつまらないので、さり気なく洒落っ気を感じさせるオーダースーツ。そんなお洒落好きの心を満たしてくれる「ソラーロスーツ」について、お客様からオーダーいただいたMTM(メイドトゥメジャー)スーツ事例をもとにご紹介させて頂きます。

ビジネスで着こなしやすいネイビーソラーロスーツ

20210411_caccioppoli_soralo_suit_02.jpg

ソラーロについて

ソラーロは、ベージュなど日差しを反射する明るい色のタテ糸を表に出し、裏には赤などの濃い色のヨコ糸を出して織り上げます。表裏のコントラストを強くすることで光の反射による陰影を楽しむ玉虫色の生地です。生地の表と裏で色が違うので、光の当たり方や、体の動きによって、薄っすらと裏の色が浮かび上がって、独特の表情を生み出すのが最大の特長です。イタリアの服好きの人が愛用しているベージュ×赤のソラーロがそうですね。

なぜ、ビジネスでおすすめなのか?

イタリアの服好きの人が愛用しているベージュ×赤のソラーロはお洒落でカッコいいのですが、日本のビジネスシーンにおいては、お仕事柄によってはそれを華美に感じられる方もいらっしゃると思います。こちらのスーツはネイビーのタテ糸とブルーのヨコ糸で織り上げたソラーロです。タテヨコの色落差を抑えることで玉虫感が控えめになり、ビジネスでお召し頂きやすくなります。ベーシックな中でのさり気ない主張がお楽しみいただけるスーツに仕上がります。

ソラーロスーツ オーダーならではのアレンジ

20210411_caccioppoli_soralo_suit_03.jpg

ソラーロスーツの顔、「襟」

「襟はジャケットの顔」とも言われており、その雰囲気でジャケットの印象は大きく変わります。ゴージ位置が高いとモダンに見える効果があります。今回、お客様からは、モダンなテイストのクラシックスタイルというご要望を頂きましたので、マスターパターンからゴージ位置を1.5㎝上げて都会的な雰囲気を取り入れさせて頂きました。

ソラーロスーツをモダンに見せる絶妙な着丈バランス

今回は前後の着丈バランスに注意しました。ジャケットは、構造上、前が下がっているので鏡で正面から見た時に着丈が長く感じることがあります。その前下がりを調整し、後の着丈の長さをキープしつつ、エレガント且つ軽快な印象にお仕上げしました。

ジャケットの裏仕様はアンコン仕様に

ソラーロは生地の表裏で色が違うので、両面表使いが出来るダブルフェイスのような雰囲気を持っています。 生地の裏もすごく良い表情を持っているので、今回はアンコン仕立てをご案内しました。ソラーロの魅力が引き立つ仕様ですのでソラーロの素材感を存分に味わって頂けます。

ソラーロスーツ おすすめの着こなし

20210411_caccioppoli_soralo_suit_04.jpg

クレリックシャツで清々しいアクセントをプラス

清涼感のあるタイドアップスタイルを演出する場合、シャツのデザインに変化を取り入れてみてはいかがでしょうか?襟に白生地を用いるクレリックシャツは清涼感を感じさせる効果があります。お好みでタブカラーをチョイスして頂くとクラシックな装いがお楽しみ頂けます。

ガルザタイで清涼感を

「ガルザ」とはイタリア語で「ガーゼ」という意味で、ガーゼのような透け感のあるメッシュ生地のことを指します。ガルザ生地を用いたネクタイは見た目にも清涼感があるので夏のタイドアップスタイルにはおすすめです。私は春夏シーズンにソラーロスーツを着用するとき、春にはシルクジャガードのネクタイを、夏にはガルザ生地のネクタイをセレクトして着こなしを楽しんでいます。

ソラーロスーツをお召しいただく季節について

ソラーロスーツをお召しいただく季節は、春・夏・秋の3シーズンがおすすめです。
その理由をお話しさせて頂きます。

ソラーロには、本来、光を反射して衣類内の温度上昇を防ぐという役割があったとされています。 そのようなルーツを持つ素材なので、ソラーロスーツは春夏シーズンに適した素材であることが分かります。

次に、ソラーロ生地の織り方についてお話しさせて頂きます。
ソラーロは糸目が斜めに走る綾織りで織り上げられています。 一般的な春夏生地は、タテ糸とヨコ糸が90度に交わる目の粗い平織りで織られている為、 通気性が良くて肌触りがサラッとしています。 ソラーロは綾織りの生地なので、目の粗い平織り生地のような通気性はありませんが、 イタリアの生地メーカーが作るソラーロは、細く滑らかな糸を使い1メートル辺りの生地ウエイトは250gと軽量です。 その分、春夏だけでなく秋口にも着用できるメリットがあります。

ソラーロは元来、春夏シーズン向けの生地でしたが、素材が進歩した現代では「春夏ベースの合服」という感覚でお召しいただくのがおすすめです。 私はソラーロスーツを5着持っていますが、春夏用のスーツを着るにはまだ早いかな?と思う 2月中頃ぐらいから季節が秋に切り替わる10月初旬ぐらいまで着用しています。 ソラーロは光の反射を楽しむ生地なので、基本的には日差しが強い春夏シーズンメインで愛用しています。

ソラーロスーツは秋冬にお召しいただけるのか?

英国の生地メーカーは、糸の打ち込みがしっかりした1メートル辺りの生地ウエイトが300g以上ある秋冬用のソラーロ生地を作っています。 そのような生地であれば、ソラーロスーツは秋冬シーズンにお召しくださっても全く問題ありません。

ビジネスにおすすめのソラーロ オーダースーツ スタイリング詳細

Bespoke Suit(オーダースーツ) : fabric by Caccioppoli(カチョッポリ)
Bespoke Shirt : LES LESTON (レスレストン)
Tie : Francesco Marino (フランチェスコマリーノ)
Chief : MUNGAI (ムンガイ)

ソラーロスーツのオーダー事例

20210821_caccioppoli_soralo_suit.jpg20210813_caccioppoli_solaro_suit.jpg20210719_caccioppoli_soralo_suit.jpg20210417_caccioppoli_soralo_suit.jpg20210411_caccioppoli_soralo_suit.jpg20201030_canonicoi_soralo_suit.jpg20200423_drapers_soralo_suit.jpg20190722_caccioppoli_soralo_suit.jpg20190329_caccioppoli_soralo_suit.jpg20190310_caccioppoli_soralo_suit.jpg 20220204_joewroks_bit_loafer_style_01.jpg
ダブルのソラーロスーツにブラウンのビットローファーを合わせるて遊び心をプラス

ビジネスシーンでの着用を想定しつつ、ファッションシーンでも活躍してくれるソラーロは洒落っ気を感じさせるスーツとしておすすめです。当店ではソラーロスーツの仕上がりサンプルの他、仕上がりをイメージして頂きやすいように現物生地もご用意しております。ソラーロスーツがお好きな方や興味のある方、オーダーメイドでソラーロスーツを検討してみたい方、是非お気軽にお問い合わせくださいませ。

小川

お客様のお話をじっくりお伺いさせていただき、ご要望にお応えできるように努めております。オーダーメイドの製作のみならず、スタイリングやコーディネートのお手伝いをさせて頂くことで、お一人お一人の魅力引き立つファッションをお楽しみいただくことが一番の喜びです。是非、お気軽にご相談、お問い合わせください。

Shop info

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
Open / 11:00~19:00
定休日 / 月曜日・火曜日
※予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様を優先させて頂いております。
 まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
TEL / 052-265-7002
メールでのご予約・ご相談