オーダースーツ フィッティング シングル2ボタン グレーピンストライプ CANONICO(カノニコ)

コラム / 2019/11/17


オーダースーツは自分の体に合わせて一着一着作り上げるとはよく聞く言葉ですが、

一体、既製品と比べてどこが違うのか?そんな疑問はないでしょうか。

そんな疑問に分かりやすくお応えすべく、新たな企画を立ち上げました。

その名も、「スーツの奥深き世界 オーダースーツ フィッティング」。

お客様にオーダー頂いたスーツやジャケットのフィッティング時の画像を交え、

普段、僕がスーツのどこをチェックしているのかをお話ししながらビフォーアフター形式で、

仕上がり具合をご紹介していきます。

この企画を定期的且つ、継続的にご覧頂けば、オーダースーツの本質的な良さや、

オーダースーツにしかない魅力がお分かり頂けるのではないかと思います。

極力、難しい専門用語は使わないように、分かりやすい内容を心掛けますので、

今回からどうぞ宜しくお願い致します。
 
 

オーダースーツ フィッティング

ジャケットのファーストフィッテイング・バックスタイル


こちらは、一番最初にゲージサンプルをご試着いただいた際の画像です。

ご覧のように両肩にハの字のシワが入り、それに伴い背の中央も生地が余っています。

そして、右袖の後ろにもシワが入っています。
 
 

ジャケットのセカンドフィッテイング・バックスタイル


上記の状況を考慮して、仮縫いを組み上げたのがこちらの画像です。

両肩のハの字のシワ、背の中央の余り、右袖後ろのシワを、

ファーストフィッテイングの時と見比べて頂くと違いがお分かり頂けるかと思います。

自分の体にスーツを合わせるとはこういうことです。

100%体に合わせることが必ずしも着心地が良くなるとは思いませんが、

着心地を犠牲にしない範囲で適切な処置を施すことは大切です。
 
 

ジャケットのファーストフィッテイング・フロントスタイル


こちらは、一番最初にゲージサンプルをご試着いただいた際の画像です。

この場合、ジャケットの肩幅とバスト寸法は大きすぎるのですが、

ウエスト寸法が不足している為、フロントのボタンが留められない状況です。

バストとウエストの差寸が大きい状態ですので、単純にウエスト寸法を大きくするだけではキレイに収まらず、

大きすぎる肩とバストはサイズを小さくし、不足しているウエストは大きくしなければなりません。

しかも、恰幅が良い体型の場合、ウエストを単純に大きくするだけでは補正としては不適切なんです。

恰幅が良いとお腹が前に突き出ていますが、当然、背中(腰)は後ろに突き出ていないわけなので、

単純にぐるりのウエスト寸法を大きしてしまうと、後ろが余ってしまうからです。
 
 

ジャケットのセカンドフィッテイング・フロントスタイル


上記の状況を考慮して、仮縫いを組み上げたのがこちらの画像です。

恰幅が良い方はウエストの前側にゆとりが必要で、後ろ側は他の体系の方と変わりません。

そういった事を考慮して、必要な箇所にゆとりを確保してあります。

バックスタイルの仮縫いの画像をご覧頂くと、後ろが不自然に余っていないのがお分かり頂けるかと思います。

バストとウエストの差寸が大きい場合は、こういったことに注意してフィッテイングを行います。
 
 

パンツのファーストフィッテイング・バックスタイル


こちらは、一番最初にゲージサンプルをご試着いただいた際の画像です。

ヒップ寸法が不足しているので窮屈そうに見えるのと、尻ぐりの食い込みが問題です。

既製品の場合、このぐらいのサイズ感でパンツを履かれている方がいらっしゃいますが、

この状態で履き続けると、かなりの確率でパンツの尻ぐりの生地が裂けます。

そして、右ひざ裏当たりのシワも見逃してはいけません。
 
 

パンツのセカンドフィッテイング・バックスタイル


上記の状況を考慮して、仮縫いを組み上げたのがこちらの画像です。

ヒップに適切なゆとりを入れると、見た目と履き心地は勿論、シルエットも良くなります。

そして、尻ぐりの食い込みも解消しています。

右ひざ裏のシワは完全には消えていませんが、これ以上の補正はシルエットが崩れる恐れがあるので、

この辺りが落としどころだと思います。
 
 

今回のオーダースーツ フィッティングについて

他にも細かなところはたくさんありますが、

今回のスーツはこのようなことに気を付けてフィッテイングしました。

ゲージサンプルご試着時の様々な現象には、ひとつひとつ理由があります。

本来ならその理由までご説明すべきかもしれませんが、

そうなるとどんどん専門的な内容になってしまうので、あえて割愛させて頂きました。

 
 

オーダースーツ フィッティングに関する他のコラムはこちら

オーダースーツ フィッティング カバートクロス シングル3ボタン段返り スリーピース DRAPERS(ドラッパーズ)
オーダースーツ フィッティング ネイビーフランネル シングル2ボタン CANONICO(カノニコ)

 
 

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
TEL 052-265-7002 / Open:11:00~19:00
定休日:火曜日

instagram : https://www.instagram.com/iki.nagoya/
Facebook : https://www.facebook.com/iki.nagoya

当店のスーツは、今までのオーダースーツよりもクオリティの良いモノを作ってみたいという方や、
ベルベスト、ラルディーニ、タリアトーレといったイタリアブランドや、
ダルクオーレ、スティレラティーノといったナポリのサルトのスーツをお召しの方にお薦めです。
レディースのオーダーも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。