PITTI UOMO 2009秋冬

お知らせ / 2009/01/20

200901_pitti_uomo.jpg
1月13日~16日、フィレンツェで開催された紳士服の見本市「ピッティ ウォモ」に行ってきました。 2009年秋冬の最新情報を逸早くお知らせします!!

ホットアイテム

来季、最大のトレンドアイテムは、一枚仕立てのジャケット&スーツ!! それも、ウールに洗いをかけた物に大注目!! ベルヴェストなどのクラシコブランドで多く見られたのが、カシミア素材・製品染めのジャケットです。 コットンなどでは良く見られる手法ですが、来季はカシミアなどのエレガンスマインドの素材を スポーティーな表情に仕上げるのが主流に。

カラー

差し色として、パープルが断トツの人気でした。 ネイビーやブラウン、グレーといったベーシックカラーに一点投入するスタイルが中心。 中には、パープルのカシミアジャケットの製品染めジャケットも見かけました。

来季もチェック人気は継続しそうです。 トレンドに敏感の方、来季はガンクラブチェックが旬ですよ!! カシミア素材で深いパープルのそれなら、トレンドど真ん中かと。

Personality ネクタイ

200901_pitti_uomo_02.jpg200901_pitti_uomo_03.jpg

粋でオープン以来展開をしてる、イタリア ミラノのネクタイ専業メーカー「Personality」。(パーソナリティー) 今回のピッティーウォモでも、2009秋冬の新作をオーダーしてきました。 2009秋冬はネクタイ幅8cmの気持ち細みのタイをオーダーしてきました。 カシミア素材の台頭が顕著な来シーズンは、Vゾーンをバランス良くまとめるにはウールタイがポイント。 素材が持つ野暮な印象を今風に昇華させるように、ウールタイのみ7.5cmのナロー幅でオーダーをしました。

ミラノ中心地の程近くに、本社兼工房を構えるパーソナリティー。 一点ずつハンドメイドで作られるパーソナリティーのタイは、締め心地抜群です!! ミラノの高級ショップ、アルバザールやジェメーリなどでも多くのファンをつかんでいます。 小規模な家族経営ながら、自社で上質なシルクを買い付け、その生地バリエーションには圧巻です。 毎回、ネクタイの発注に一番時間が掛かります・・・。 今回も午後6時までの会期時間に対し、全てが終了したのは7時半を過ぎていました・・・。 大幅に時間をオーバーしてしまいましたが、嫌な顔ひとつせず紳士的な対応をしてくれました。

そんなパーソナリティーの社長、Mr Gianangelo Rugginenti(写真右)家族の写真をパチリ!! まじめな人柄が、丁寧な製品作りに反映されています。

Dellga バッグ

200901_pitti_uomo_04.jpg200901_pitti_uomo_05.jpg

DELLGA/デルガ」は、鞍などの革製の乗馬用具メーカーとして1966年イタリア・ミラノに創業。 馬具製造で培った確かな技術が現在の製品に反映され、鞄メーカーとしてイタリア国内外で高い評価を 得ています。粋でもオープン以来、展開をしています。 勿論、2009秋冬もオーダーをしてきました。 ブラックやブラウンのバッグは、どこのショップでも展開をしているので面白みに欠けるかな・・・と思いました。 どこにも無くて、新鮮なものはないかと考えた末、「スペシャルカラー」を別注しました。 デザインは1型。トートに絞りました。 注目の展開カラーは、「ロイヤルブルー・レッド・オレンジ」。 さらに別注デザインとして、「ブラウン×レッドのパイピング」、「ネイビー×ホワイトのパイピング」を作りました!! なかなかお目に掛かれないカラーバッグ。 きっとスーツスタイルに華を添えてくれるアイテムになると思います!!

ORTIGNI シューズ

200901_pitti_uomo_06.jpg200901_pitti_uomo_07.jpg

1930年創業のシューズメーカー「ORTIGNI」(オルティーニ)は、フィレンツェに本社を構える従業員5名の小さなメーカーです。 粋では、現在「DUCAL」というシューズメーカーを展開しているのですが、趣の異なるブリティッシュ テイストのイタリア靴という位置付けで、2009秋冬から「ORTIGNI」の取り扱いを始めます。 イギリスの「アルフレッドサージェント」と「オルティーニ」、どちらを展開しようかかなり迷いました。2日間悩みに悩んだ末、オルティーニのシューズが持つ色気にイギリスのエッセンスをミックスさせた方が、 捻りが効いて面白いと思い、「オルティーニ」に決めました!! ラスト(木型)は写真のモデルよりも、ノーズの短いややポッテリした物をセレクト。 ブラウンのフルブローグ、ブラックのWモンク、ミディアムブラウンのデザートブーツの3型から スタートです!!

PT01 PT05 パンツ

200901_pitti_uomo_08.jpg

PT01ピーティーゼロウーノ・PT05ピーティーゼロチンクエのブースを 訪問してきました。 ブース内ではイタリア語・英語が飛び交い、PT01ピーティーゼロウーノ人気は日本のみならず 世界的なものであると実感しました。 気になったモデルは下記の通り。

PT01

  • BRIT CHINO(ブリッチーノ) ウールでブラウンのハウンドトゥースが粋でした。
  • bespoke(ビスポーク) ポケットにパイピングが施されたモデル。ウールでの提案、さすがです!!
  • fitzgerald(フィッツジェラルド) イタリアでは大人気のモデルとか。製品染めのカジュアルなライン。

PT05

デニム以外に、2009秋冬はチェックやコーデュロイでの提案が数多く見られました。

JOHN SMEDLEY ニット

200901_pitti_uomo_09.jpg

JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)のブースを訪問しました。 JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)は、シーアイランドコットン、24ゲージ・30ゲージのニットが有名です。 今回のPITTI UOMOでも、バッチリ提案されていました。 2009秋冬、JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の打ち出しカラーはパープル!! すごくきれいな発色で、改めて使用する原毛の質の高さを実感しました。 このパープルをミドルエイジの渋い男性が着たら、絶対にカッコいいです!! 新モデルで気になったものは下記の通り。

  • ホールガーメント 縫い目が全くない一枚仕立てのニット。体へのフィット感は抜群でした。
  • ボディーコットン 見た目は普通のセーターですが、袖は24ゲージ、背中は30ゲージのウールを使用した玄人好みの逸品です。
  • アーガイルベスト 柄の部分にウールとコットンを交互に使用して、素材感を出しています。これ、かなり面白いです!!

古き良き伝統を守る一方、時流を取り入れた新モデルを発表するJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)。 その程好いさじ加減、さすがですね!!

CALIBAN シャツ

200901_pitti_uomo_10.jpg

最終日、イタリアのシャツメーカーCALIBAN(カリバン)のブースを訪問しました。1950年代に創業したCALIBAN(カリバン)は、イタリア国内では50年来存在するシャツメーカーです。コレクションに使用される生地は、エクスクルーシブ素材を多用し、イタリアを代表するシャツ生地メーカー「ALBINI」・「CANCLINI」・「MONTI」より生地調達を行っています。また、常に最新のファッション動向に目を向け、毎シーズン、サイズスペックの見直しが行われています。スリムフィット・スーパースリムなど、時流を捉えたコレクションが展開されています。粋ではカジュアルシャツをメインにバイイングを行っています。 2009秋冬は、トレンドラインとして「CLBN」というラインが発表されました。気になったモデルは下記の通り。

  • ラウンドカラー スポーティーな大柄チェックでの提案。ブリテッシュな衿型がモダンに表現されていました。
  • ピンホールカラー 洗いのかかった素材での提案で、ほのかにモードな香りが漂っていました。

写真の彼は、そんなCALIBAN(カリバン)を支えるデザイナーです。 自身のデザインに絶対的な自信を持つ、熱い男でした!!

BAGLIONI UOMO

200901_pitti_uomo_11.jpg200901_pitti_uomo_12.jpg

PITTI UOMO会場を後にして、すぐ近くで開催されている「BAGLIONI UOMO」(バリオニ ウォモ)という展示会を訪問しました。 ここでは、PITTI UOMOには出展できない小規模なメーカーが、ホテル内に小さなブースを構えて 新作を発表しています。 こういう所で無名ながら良い商品を作っているマイナーなメーカーが見付かったりするものです。 4つ星ホテルの1階~4階まで、びっしりと各メーカーのブースで埋め尽くされています。

全てのブースをくまなくチェックし、BORRIELLO(ボリエッロ)というナポリのシャツメーカを見付けました。120双や140双という細番手コットンを用いて製品が作られていました。 ハンドメイドライン・マシンメイドラインが存在し、どちらも肩の収まりが抜群!! 価格も驚くほどリーズナブルで、これは是非、粋のお客様に御紹介をしなければいけないと思いました。 まずは、ファーストサンプルとしてレギュラーカラーでクレリックを作ってみます。サイズ感・細かな仕様をチェックし、修正を加えた上で本格的に展開予定です。

小川

お客様のお話をじっくりお伺いさせていただき、ご要望にお応えできるように努めております。オーダーメイドの製作のみならず、スタイリングやコーディネートのお手伝いをさせて頂くことで、お一人お一人の魅力引き立つファッションをお楽しみいただくことが一番の喜びです。是非、お気軽にご相談、お問い合わせください。