愛知県名古屋市東区のオーダースーツ専門店ならビスポークテーラー「粋」の「オーダースーツ という選択」のページです。

Order Suit

オーダースーツという選択

オーダースーツの種類

フルオーダー

フルオーダーは、お客様一人ひとりの為に一から型紙を作成し、手縫いで作り上げます。
基本的にデザインなどに制限はなく、補正の限界値も存在しないため、よりパーソナルな一着を作ることができます。自由度が高い分、仕立てには、長い制作期間と高額な費用を要します。

パターンオーダー

パターンオーダーは、ベースとなる数種類の型紙から補正を施し、体型に合わせていくシステムです。お客様毎に型紙を一から作成しないため、フルオーダーに比べ価格が抑えられ、仕上がりまでの期間も短くなります。ただし、パターンオーダーは、製作工程や補正の度合いによってその品質は様々であり、店舗によっては「イージーオーダー」と呼ぶところもあります。

今のスーツに納得していない貴方へ

既製品では、不満のスパイラルから
抜けることはありません

既製品のスーツに対して、「サイズ感がしっくりこない」「デザインが今ひとつ」など不満に感じたことはありませんか。
量産を前提に製作された既製品のスーツは、特定個人にとって満点なスーツに仕上がることはまずありません。特にインポートのスーツは、胸幅が広く背幅が狭い欧米人の体型に合わせて作られているため、日本人の体型に合い難いのです。
また、デザイン面では、「ここがこうなったら良いのに」というようなパーソナルな好みを反映することは出来ません。
そして、あるものから選ぶしかないため、生地・色柄・デザインの選択の幅が限られてしまいます。
既製品では、完璧なフィット感や自分好みのデザインを求めるのは難しく、どこかしっくりこないのも当然です。

オーダースーツの出来栄えは
フィッターの手腕に左右されます

「オーダースーツを作ったにも関わらず、納得いくものに仕上がらなかった」など、オーダースーツで失敗した方は多いのではないでしょうか。
オーダースーツの仕上がりに納得がいかない場合、その原因の大半は、フィッターのセンスと知識にあります。オーダーが専門ではないセレクトショップは、センスは良くても圧倒的に知識と技術が欠けている。テーラーは、知識と技術には優れていても、ファッションセンスがない。きっと、貴方のスーツ作りが上手くいかない理由はこの何れかです。
オーダースーツにおいては、センスと知識のどちらかが欠けるだけで、理想とするオーダースーツから瞬く間にかけ離れてしまうのです。

最高の一着のために

世間では「あなたに合った最高の一着」「完璧な一着」といった耳障りの良い言葉が溢れ、
オーダースーツの本質が見失われているように感じます。

正直にお伝えすると、オーダースーツ作りにおいて、最初から100点の完璧なスーツが出来上がることはありません。経験・知識を有する優秀なフィッターでも、初めて会うお客様の体型や癖を一度のフィッティングだけで見抜くことは困難です。テーラーで貴方が鏡の前に立った姿を想像してみて下さい。その時、普段より背筋を伸ばして立っていませんか?人は、鏡の前に立つと無意識に背筋を伸ばしてしまうことが多いものです。

これらの行動を踏まえて補正を行ったとしても、その人の本当に自然な姿勢を100%把握するまでには、やはり時間が掛かります。オーダースーツは、フィッターとの話し合いの中で最高の一着を作り上げていくものであり、回を重ねるごとに自分好みのスーツに育てることができる点も楽しみの一つです。