日本製ナポリ仕立てスーツ Caccioppoli "SOLARO"(カチョッポリ "ソラーロ")

オーダースーツ / 2021/04/17


カチョッポリのソラーロスーツが仕上がりましたのでご紹介します。今回は広告代理店を経営していらっしゃるお客様からのご注文です。お仕事柄、装いの自由度が高いので、もう少し遊んでみても良いのでは?そう思ったので、爽快感を味わえるライトベージュのソラーロをご提案させて頂きました。

オーダースーツ Caccioppoli "NEW SOLARO" (カチョッポリ・ニューソラーロ)

ニューソラーロ 素材について

春夏らしい装いを楽しむなら、ソラーロに挑戦するのも大いにアリです。ただ、中には玉虫色の色合いを華美に感じる人もいると思います。この生地の特長は、ソラーロ特有の色の変化を控えめにし、品の良さを追求したことにあります。ソラーロは、本来、日差しを反射する明るい色を表に出し、裏には赤など濃い色が多く出るように織り上げます。そこをあえてタテヨコの色落差を抑えることで、玉虫感を控えめにしてあります。「無地なのにどこか洒落」を地でいくソラーロです。生地の詳細は下記でご紹介していますので、宜しければご覧ください。

【オーダースーツ Caccioppoli "NEW SOLARO" 前編】

ジャケットの前後バランスを体に合わせる


今回、気を付けたのは、前身頃の吊り上がりを防ぎ、尚且つ、後身頃に空間を作ることです。一般的に反身の人はお尻が後ろに突き出しています。試しに一度、体を反ってみてください。その状態で、今度はお尻を前後に動かしてみてください。どうですが?お尻が前だと体がグラついて、お尻が後ろだと安定しますよね?体型的に少し反身でお尻の筋肉が発達している人は、前身頃が吊り上がり、ヒップに当たりが出てベントが開いてしまいます。これを改善する為に、洋服全体を後ろに引っ張るような型紙操作を行いました。そうすると背に空間ができるのでヒップの当たりは緩和されます。洋服を後ろに引っ張る操作とは、どういうことかと言いますと、全体を後ろにズラすイメージで、そうすると背からヒップに空間が生まれますよね。また、後ろに引っ張ると、前身頃が吊り上がってしまいますよね。そうならないように前丈を長くする操作も行っています。

ジャケットの襟が首に吸い付く 手縫いスーツさながらのディテール


今回は、本襟掛けという別オプションをお入れしました。本襟掛けとは、上襟を手で付ける手法で、襟が首に吸い付くので着心地が良くなります。分かり難いかもしれませんが、少し詳しくご説明します。 ジャケットの襟はゴージを境に上襟と下襟に分かれ、さらに、上襟は地襟と表襟に分かれます。地襟とは、襟芯とカラークロスから成る襟の土台です。その土台の上にボディと同じ表地を縫い付けるんですが、それを表襟と言います。 ジャケットの襟付けは、通常は上襟を作ってからボディに縫い付けるんですが、本襟かけは、地襟を先に作ってボディに縫い付けます。その後、表襟をかぶせるように付けます。なので「かぶせ襟」とも言われます。こうすることで上襟が落ち着いて首への吸い付きが良くなります。このように首に吸い付くのぼり襟にすることで、ジャケットが首に乗って着心地が格段に良くなります。

スーツの雰囲気を柔らかくする ゴージの手まつり(手縫い)

そして、上襟と下襟の縫い方も通常とは異なります。上襟とラペルのつなぎ目をゴージと呼びますが、このゴージは、ミシンで縫ってあるものがほとんどです。かぶせ襟は、ここを手縫いでまつっています。手縫いだと、ゴージの線が極めて細く、薄く、優しい雰囲気になります。このゴージの線の雰囲気が柔らかいと、服全体の印象がグッと柔らかくなります。

クラシックな装いにはワイドラペル


クラシックなジャケットは、断然、ワイドラペルがカッコいい!!というのが僕の主張で、これはダブルでも同様です。と言うより、ダブルの場合は襟の存在感が増すので、より全体の印象に大きく影響します。迫力のあるワイドラペルのダブルジャケットは胸元をボリューミーに見せるので、着映えしますし、威厳や落ち着き、更には色気のある着こなしに繋がります。ラペルが細いと着映えしませんし、全体的に貧相な印象を与えるので、クラシックな装いは、是非ワイドラペルのジャケットを着こなしてください!

ラペルの表情を調整し、軽快な雰囲気に

ゴージ位置にも少し触れておきます。ウール&シルク&リネンのこのソラーロは、上下単品使いできるのも魅力です。ジャケット単品使いした時、Tシャツやポロとの合わせを想定して今回はゴージ位置を5ミリ上げて軽快感が出るようにしました。たった5ミリで変わるの?そう思うかもしれませんが、ゴージ位置の5ミリって、結構、大きいんです。こういう細かなところまで気を配れるのがオーダーの醍醐味なので、試す価値は十分にあります。

ソラーロスーツに躍動感を与えるダブルステッチ


色の差を控えめにした上品なベージュソラーロスーツに躍動感を与えるディテールとして、今回はダブルステッチをご提案させて頂きました。ダブルステッチとは、ご覧のようにステッチを2本入れる仕様で、ナポリ仕立てを代表するディテールです。スーツ自体がややデコラティブになるので、ナポリのハンドメイドスーツを想起させ、手仕事の温もりを感じることができます。スーツの着心地には何ら関係ありませんが、スーツ好き垂涎のマニアックなディテールです。

スーツに軽快さを与えるマニカカミーチャ


袖付けはマニカカミーチャです。マニカカミーチャとは袖先にギャザーを入れて袖付けをする方法で、肩の副資材を省くことで、着心地は勿論、見た目にも軽快さを与えるディテールです。ダブルステッチ同様、職人の手仕事の温もりを感じるナポリのスーツならではの仕様です。

Bespoke Suit(オーダースーツ) スタイリング詳細

Bespoke Suit(オーダースーツ) : fabric by Caccioppoli(カチョッポリ)
Shirt : LUIGI BORRELLI(ルイジボレッリ)
Tie : Francesco Marino (フランチェスコマリーノ)
Chief : MUNGAI (ムンガイ)

今回のカチョッポリ・ニューソラーロスーツの動画はこちら

【オーダースーツ Caccioppoli "NEW SOLARO" 前編】
【オーダースーツ Caccioppoli "NEW SOLARO" 後編】

Bespoke Suit(オーダースーツ)  他のオーダー実績はこちら

Bespoke Suit(オーダースーツ)
Bespoke Jacket(オーダージャケット)
Bespoke Coat(オーダーコート)
Bespoke Shirt(オーダーシャツ)
Bespoke Shoes(オーダーシューズ)

Shop info

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
Open / 11:00~19:00
定休日 / 月曜日・火曜日
※予約は必須ではありませんが、ご予約のお客様を優先させて頂いております。
 まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。
TEL / 052-265-7002
メールでのご予約・ご相談