オーダースーツの種類 シンプルに解説します!

コラム / 2020/07/10

オーダースーツには様々な種類や呼び方があります。

ビスポーク(フルオーダー)、パターンオーダー、イージーオーダーなど、色々な種類がありますが、

大きく分けてこの3つに大別されると思います。

どれもがオーダースーツということは分かりますが、いったい何が違うのかってすごく分かり難いですよね?

ですので、今回はオーダースーツの種類をシンプルに分かりやすくお話しします。
 
 

オーダースーツの種類

フルオーダー(ビスポーク)

お客様ごとに一から型紙を作成し、職人が手縫いで仕上げます。

型紙を作成する為、基本的にはデザインの制約はないので自由な服作りができます。

とは言っても、テーラー毎にハウススタイルというものがありますので、

実際には、そのハウススタイルに沿ったスーツを仕立てることが多いのではないでしょうか。
 
 

イージーオーダー&パターンオーダー

続いてよく言われるのがイージーオーダー。

基本となる型紙から体型に合わせて補正を施しスーツを作るシステムで、

それをもっと簡易的にしたものがパターンオーダーと言われていることが多いと思います。
 
 

イージーオーダーは死語です!

一番分かり難いのがイージーオーダーとパターンオーダーの違いですが、

ハッキリ言いまして、現代は、イージーオーダーという言葉は死語です。

今では、全てパターンオーダーに集約されています。

イージーオーダーという言葉は、パターンオーダーという言葉ができる前に使われていた言葉で、

その頃の名残で、未だにイージーオーダーという言葉が使われているのが実情です。
 
 

フルオーダーとパターンオーダー オーダーの種類は2種類です

オーダーの種類分けでよく言われるのが、フルオーダー、イージーオーダー、パターンオーダーですが、

お話ししましたように、現代ではイージーオーダーはパターンオーダーに集約されているので、

現代のオーダーの種類は、フルオーダーとパターンオーダーの2種類です。
 
 

スミズーラ、メイドトゥメジャーって何なの?

他にも、オーダースーツの種類として耳にするのが、スミズーラ、メイドトゥメジャーですよね?

じゃぁ、これは何なのか?って思いますよね。

これも言葉が違うだけで、全てパターンオーダーのグループに入ります。
 
 

パターンオーダーって何なの?

現代のオーダーの種類は、フルオーダーとパターンオーダーの2種類ということをお話ししましたが、

パターンオーダーについては、様々な誤解があるように思うのでご説明します。

世の中のオーダースーツは、フルオーダー以外は全てパターンオーダーということになるので、

パターンオーダーという物自体の意味合いがとても広義なんです。

リーズナブルなものから、よりフルオーダーに近いスーツ作りをしている高級なパターンオーダーもあるので、

パターンオーダー=安い、パターンオーダー=簡易的、という考え方は語弊があります。
 
 

パターンオーダーの価格の差は?

決定的な違いは補正する箇所です。

リーズナブルなパターンオーダーは、袖丈や着丈などの所謂寸法合わせのみの場合がほとんどで、

高級なパターンオーダーになればなるほど、より細かなサイズ調整や体型補正が可能です。

その辺りの違いについては、動画内の3:33辺りから、

パターンオーダーの違いについて詳しくお話ししていますので、

宜しければご覧になってください。
 
 

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
TEL 052-265-7002 / Open:11:00~19:00
定休日:火曜日・水曜日

instagram : https://www.instagram.com/iki.nagoya/
Facebook : https://www.facebook.com/iki.nagoya
Youtube : https://www.youtube.com/channel/UC5qB-JXtg_vgv_ms4vvjMxA/

当店のスーツは、今までのオーダースーツよりもクオリティの良いモノを作ってみたいという方や、
ベルベスト、ラルディーニ、タリアトーレといったイタリアブランドや、
ダルクオーレ、スティレラティーノといったナポリのサルトのスーツをお召しの方にお薦めです。
レディースのオーダーも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。