【コーデ解説】ブラウンパンツをワードローブに揃えよう!

コラム / 2020/05/28

皆さん、ジャケットスタイルの時には、どんなパンツをお召しですか?

スーツ違い、上下がセパレートになっているジャケットスタイルは、

ジャケットとパンツの組み合わせがマンネリ化してしまう、そんな悩みをお持ちの方もいらっしゃるかと。

今回は、そんな悩みを解決する方法をご紹介します。
 
 

【コーデ解説】ブラウンパンツをワードローブに揃えよう!

いつものスタイルにブラウンパンツを一点投入

単品パンツの代表選手と言えば、グレーのスラックスですよね。

これは皆さん、既にお持ちのことと思います。

グレースラックスは本当に便利で、合わせるアイテムを選びませんよね。

でも、「いつも似たようなコーデだな。。。」そんな風に感じたことはないでしょうか。

それを解決してくれるのが、「ブラウンパンツ」です!

これ、すごく便利で、いつものスタイルのパンツをブラウンに変えるだけで印象が激変します。

要するに、今までグレースラックスを合わせていたところをブラウンパンツに変えてみるということです。

これだけで、すごく新鮮で今の時代にフィットしたスタイリングになります。
 
 

ブラウンパンツは色味がポイント

では、ブラウンパンツなら何でも良いのかというと決してそうではなく、セレクトする色味が重要です。

一口にブラウンと言ってもその色味は様々で、赤みの強いものもあれば黄色味の強いものもあったりと、

実際にブラウンパンツを選ぶとなると、きっと迷ってしまうと思います。

そこで僕がリコメンドするブラウンパンツは「グレイッシュなブラウン」です。

ややスモーキーなブラウンはコーディネートの幅が圧倒的に広くグレースラックスの次なる一手として最適で、

僕の経験上、合わせるアイテムを選びません。

よほど変わった色のジャケットをお召しの場合は別ですが、クラシックスタイルならほぼカバーできる筈です。

まだ、ブラウンパンツをお持ちではない方は、ブラウンパンツをワードローブに加えて頂くと、

圧倒的にコーディネートの幅が広がりますので良いと思いますよ。

具合的な使いやすさは動画でご説明していますのでそちらをご覧頂けましたら幸いです。
 
 

Bespoke Jacket(オーダージャケット) スタイリング詳細

Bespoke Jacket(オーダージャケット) : fabric by DRAPERS(ドラッパーズ)

Bespoke Trousers (オーダーパンツ) : fabric by CHARLES CLAYTON (チャールズクレイトン)

Shirt : LUIGI BORRELLI (ルイジボレッリ)

Tie : FRANCO BASSI (フランコバッシ)

Chief : MUNGAI (ムンガイ)

 
 

粋 -iki-

〒461-0001
名古屋市東区泉1-14-3 ハセガワビル1F
TEL 052-265-7002 / Open:11:00~19:00
定休日:火曜日

instagram : https://www.instagram.com/iki.nagoya/
Facebook : https://www.facebook.com/iki.nagoya
Youtube : https://www.youtube.com/channel/UC5qB-JXtg_vgv_ms4vvjMxA/

当店のスーツは、今までのオーダースーツよりもクオリティの良いモノを作ってみたいという方や、
ベルベスト、ラルディーニ、タリアトーレといったイタリアブランドや、
ダルクオーレ、スティレラティーノといったナポリのサルトのスーツをお召しの方にお薦めです。
レディースのオーダーも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。